屋根リフォームについて勉強してみよう

>

屋根リフォームってどんなことをするんだろう?

みんなやってる塗り変え工事(塗装工事)

塗装工事は、耐久性アップと外観の美しさを取り戻すことができます。
塗料には、アクリル樹脂塗料、ウレタン、シリコン、フッ素が使われます。
なかでも、シリコンは耐久性が高く、13~15年の耐用年数があるため、一番良く使われています。
フッ素は、費用が一番高いが15年~20年の耐用年数が有り、汚れにも強いので、最近は使われるようになってきています。
プラスアルファとして、遮熱・断熱効果がある塗料もあります。
熱を遮り省エネ効果をもたらすため、電気代の節約になります。

屋根と外壁の塗装工事は、同時に行ったほうが、費用が安くすみます。
その際、塗料は同じ種類のものを使うことが多いです。

しかし、塗装リフォームは2回まで、3回目は下地に問題が出てくるため、葺き替えになるのが一般的です。
詳細は、リフォーム業者と相談して決めましょう。

特殊塗装は高くなる

工事の料金は、塗料を塗った回数や遮熱・断熱塗装の有無、などによって異なります。
なぜ、何度も塗るのかというと、複数回塗ることで耐久性がアップするからです。

耐久年数が長いものは必然的に、単価も高くなります。
工事費用を安くするために、耐久年数が短いものに安易に飛びつくのではなく、今後のメンテナンス費用を念頭に考えましょう。
今後のリフォームについて、事前に計画しておくと屋根と外壁と同時に行うことも検討できます。
2回に分けて工事を行うよりも、1回で済ませたほうが費用が安く済みますし、工事にまつわる煩わしさも短期間で終わらせることができます。

塗装工事の大体の相場は、50万円~100万円です。
具体例をいくつか調べてみました。
遮熱シリコン塗料での塗装工事で30万円。
ウレタン塗料3回塗り直し工事で38万円。
遮熱・断熱効果や耐久性を求めると費用が高くなります。


この記事をシェアする