気になる屋根リフォームに必要な費用

屋根リフォームについて勉強してみよう

屋根リフォームってどんなことをするんだろう?

屋根の下地部分がいたんでなければ、表面だけをきれいにする塗装工事ができます。 塗装が剥がれていたり、色が落ちてしまってる時に行います。 塗料には材質、色、形と色々な種類があり、耐久性も違います。 プラスの効果がある塗料は、その分、費用も高くなります。

続きを読む

一番簡単!塗り替え工法(塗装工事)

屋根リフォームしようって思うきっかけって、なんでしょうか?
雨漏りするから、屋根の色があせてきた、塗装が剥がれてしまった、台風で破損してしまった。
答えは、千差万別ですよね。

早く、直したいけど費用はいくらぐらいかかるのでしょうか?
工事もいろいろなやり方があるようなので、一緒に勉強していきましょう。

屋根リフォームの工事の方法は3種類あります。
塗り替え工法(塗装工事)、重ね葺き工法(カバー工法)、葺き替え工法です。
まず工事に入る前に屋根の点検をしてもらいます。
この時に、屋根に壊れているところはないか、修理の必要があるか確認します。

費用は施工面積が広いほど高くなります。
工事に含まれる費用は、直接の塗装剤、屋根材だけでなく、修理費用、足場費用、養生費用、高圧洗浄費用、撤去費用、工事者駐車費用などが含まれます。

自治体によっては、リフォーム工事に対する補助金制度があります。
断熱化を目的とした屋根工事や、耐震改修工事、住宅ストック循環支援事業補助金など、国の補助金制度があります。

火災保険に加入していれば、台風などの自然災害で破損した部分について、保証が受けられます。
しかし、火災保険申請代行会社のトラブルも多いので、業者さんと良く相談しましょう。

屋根のリフォームと同時に、バルコニーや外壁のリフォーム、雨樋の点検、修理を行うことが多いです。
それは、点検、足場、養生などはどちらの工事でもかかるので、一度に行った方が結果的に安くすむからです。

どんな工事をするにしても、業者選びに気をつけましょう。
複数の業者に相見積もりをとり、比較検討して、納得の行く工事を行いましょう。

重ね葺き工法の仕組み

元々ある屋根の上に、新しい屋根を重ねる工法です。 屋根の表面は傷んでいるが、下地の内側は傷んでないときにおすすめの工法です。 葺き替えに比べて、費用が抑えられます。 しかし、重ねることで屋根に重みが出るというデメリットが生じます。 そのデメリットを解決する方法を紹介します。

続きを読む

葺き替え工事で、イメージチェンジ

屋根材、下地ともに新しいものに総とっかえする工法です。 費用は3種類の工法の中で一番高く、工期も長くなりますが、耐久性も高くなります。 全く新しいものにできるので、耐震性の高いものにすることができます。 また、何よりも外観が新築のように一新できて、家のイメージチェンジになります。

続きを読む